インターネットで買い物できるネットスーパーの比較

人気の9社を商品数で比較

商品数で9社をランキング!

□ 品揃えの多さに注目

取扱い商品数は多いところで30,000点以上、少ないところだとおよそ1,800点ほどとばらつきがあります。一概に商品数だけではスーパーの良し悪しは決めらないので、ひとつの参考として用途によって使い分けるのが良いでしょう。

ネットスーパー名取扱商品数備考
イトーヨーカドー30,000点以上食料品から日用品まで幅広く揃っています。圧倒的な商品数とネームバリューで多くの方が利用されています。
ダイエー約10,000点こちらも広く知られたスーパーのネット展開。配達可能エリアが限定されているので利用前の確認を忘れずに。
西友約10,000点 幅広い品ぞろえ。安心の西友ブランドですが、配送エリアは限られているので利用前にチェックしましょう。
イオンネットスーパー約6,000点 使いやすいと評判のイオン。食料品、日用品からギフト、全語句特産品まで取り扱っていて、生活に必要なものを安全・安心・便利に届けることをモットーにしています。嬉しい全国展開。
サミットネットスーパー約6,000点インターネット専門のスーパー。生活必需品は何でもそろっています。こだわりのプレミアム商品“ブルーバスケット”は要チェック!独自の配送法で食料品の鮮度も抜群です。
東急ストア約4,200点野菜・魚・肉・ペット用品などわかりやすくジャンル分けされていて、感覚的に簡単に買い物ができます。利用可能地域は随時拡大中。
オイシックス約2,400点 商品数は少な目ですが、厳選された食材のみを扱っています。放射能検査の取り組み、産地・生産者の開示など、安全を第一に考えて運営しています。お届け日時の変更も可能であったり、利用者の気持ちを考えてるのがわかります。一度見てみると良いでしょう。
楽天マート約2,000点 他社とは違い、お得に購入できるオリジナル商品などはありませんが、楽天で購入できる商品を、数量限定で通常よりも安く販売しているため、人気商品をよりお得に購入できるチャンスが多いです。
生協(パルシステム)約1,800点 食材専門なので品質管理が行き届いています。利用方法が少し変わっていて、加入手続き(出資金一口1,000~2,000円の預金または振込)の後、利用開始となります。

広告

どこがおすすめ?

□ 購入可能な商品が違う

ネットスーパーはその名前の通り、ネット上のスーパーです。取り扱う商品は食材から日用品、医療品と幅広く、他にもペット用品や育児・介護用品、園芸用品、文具、レトルト食品や新鮮食材などがあります。実店舗のスーパーと何ら変わりありません。むしろ、普段私達が行っているスーパーよりも品揃えは多いでしょう。 商品数から見ると、イトーヨーカドーが断トツで取り扱う商品数が多く、種類も様々です。企業名も有名なので、ネットスーパーに迷ったらとりああえずイトーヨーカドーを選ぶという方もいらっしゃるかもしれません。 ネームバリューで言えば、ダイエーや西友、イオンも身近なお店ですね。配送エリアのことも考えなければなりませんが、自分が近しいお店のネットスーパーを利用してみるという方法もあります。

また、おいしっくすや生協は、商品数は少ないですが、食材専門という大きな特徴があります。専門にしているというだけあって、この2つは品質管理や食材へのこだわりなどがしっかりしており、健康志向の方や新鮮・こだわりの食材を使いたいときに非常に重宝します。 サミットネットスーパーは、独自の管理体制なので在庫切れを起こすことがほとんどありません。各社それぞれに取り扱っている商品の種類が違いますので、是非ネット上で商品の種類や値段を比較してお得に利用してください。