インターネットで買い物できるネットスーパーの比較

人気の9社を総合的に比較

総合的に9社をランキング!

□ 様々な角度から考えて

現在、多くの方々に利用されているネットスーパーですが、各店舗毎に取扱商品数も違えば、力を入れている商品も異なります。配送料システムが特徴的な店舗もあり、支払方法にも違いがあります。利用者が届けて欲しい住所が配達エリア内にあればいいですが、まだまだエリア拡大中で一部地域には届けられないお店もあります。ここでは利用者の観点に立ち、それぞれのお店の長所短所を書いていきたいと思います。参考にしていただいて、これがネットスーパーデビューの一助になればと思います。

ネットスーパー名コメント
イオンネットスーパー 【オススメ度★10】
なんといっても配送料が105円と他店と比べ群を抜いて安いのが魅力。全国に対応店が充実しているのも嬉しいところです。15時までに注文すると当日中の配送も可能です。プライベートブランドのトップバリューでは日用品のほかに添加物にこだわった加工食品を1,000アイテム以上揃えています。レトルト惣菜など割安価格で販売しており、独身の方やお弁当を作っている家庭の主婦さんに喜ばれることでしょう。携帯に対応していないのが残念なところです。
イトーヨーカドー 【オススメ度★9】
なんといっても圧倒的な商品数がここの魅力。ここだけで何でも揃うと言っても過言ではないほどの品揃えで取扱商品数は実に30,000点以上。対応店舗も多く、80店舗以上に及び、北海道から沖縄まで配送可能です。配送料など地域によってサービス内容が若干異なるのは印象が悪いかもしれません。
サミットネットスーパー 【オススメ度★8】
野菜などの食品を購入する場合に、自分の目で直接確かめることができないというのがネットスーパーの短所ですが、サミットでは宅配専用の加工センターと配送センターを独自で持っています。在庫管理体制が整っているので、品切れなどを心配することなく安心して購入することができます。取扱商品数も6,000点と抱負です。別途料金はかかりますがナイト便を利用すると22時まで受け取りが可能になります。配送時間帯に幅があるので使い勝手はとても良いです。留め置きサービスも行っているので、不在時も安心です。支払方法もほとんどのお店はクレジットカードと代引きだけですが、ここでは口座振替も可能です。配送エリアが充実していないのが残念なところですが、配達可能地域に住んでいる方にとってはとても良いサービスを提供しているところだといえます。
おいしっくす 【オススメ度★7】
食材宅配専門のスーパーの中で最も注目を集めているのがおいしっくす。すべての食品が独自の安全基準をクリアしていて、野菜やフルーツを注文を受け付けてから収穫していたり、鮮度抜群の商品を届けてくれます。一品から注文ができるのも利用者には人気のようで、まずはお試しにとここを使ってみる方も多いようです。冷凍便やクール便は別途手数料が必要ですが、食品にこだわりを持っている人にとってはとても魅力的なお店です。
ダイエー 【オススメ度★6】
取扱商品は約8,000アイテム。ポイントを貯めてお買い物券と交換すればダイエーの実店舗でも利用可能という嬉しいサービスや、配送料無料のキャンペーンなどを随時行っています。チラシで商品が注文できるなど、実店舗と連結したお得なサービスが盛り沢山。買物代行手数料が105円かかるのと、配達エリアがまだ限られているのが難点です。
西友 【オススメ度★6】
ここの魅力は取扱商品数が約10,000点と充実しているのと、17時まで即日配達を受け付けている点でしょう。鮮度の良いものをすぐに届けてくれるという定評があります。対応地域は首都圏中心です。
東急ストア 【オススメ度★5】
安心・安全・健康を第一としたバリュープラス(Vマーク商品)を扱っています。14時30分までの注文であれば即日配達可能です。エリアは拡大中ではあるものの、東京や神奈川の限られた地域にのみの配送なので、地方の方は利用できません。扱っている商品数が他店と比べると若干少ないのと、配達可能エリアがまだまだ少ないというのが難点です。
楽天マート 【オススメ度★5】
楽天スーパーポイントが貯まる・利用できるという利点は大きいものの、取扱い商品数がまだまだ少ないのが難点。全国うまいもの大会や、お中元・お歳暮商品の特売など、セール企画の方がメインになっている。食材の配達等は地域が関東圏周辺に限られているため、地方の人が利用できないことも残念。
生協(パルシステム) 【オススメ度★5】
言わずと知れた生協、そこがお手頃価格でネット専門点として運営しているパルシステム。食材宅配専門店の位置付けとなるので取扱いアイテムはおよそ1,800点と他店と比べると見劣りしますが、家庭のことを考えたメニューやライフスタイル別メニュー、対象別カタログなどが充実しています。出資金という形で利用前に1,000~2,000円必要になるのが敷居が高く感じられてしまうのとモバイルに対応していないのが難点。

広告

利用目的で選ぶ

□ それぞれの利点を活かす

ネットスーパーと一口で言っても、取り扱う商品から配送エリア、受け取り方法や支払い方法はそれぞれ異なります。何を目的にネットスーパーを利用しているのか、という点でも評価は違ってきます。ですので、「ここのネットスーパーが一番良い!」と断言することはできません。 ここでは、いくつかの目的に合わせたオススメのスーパーを簡単にご紹介していきましょう。

★とにかく配送料を安く抑えたい・お昼過ぎちゃったけど即日配達してほしい・良い商品を安く手に入れたい・惣菜は買いたいけど一人暮らしだからたくさんは要らない→イオンネットスーパーがオススメ!

★食料品も買いたいけど洋服も欲しい・とにかくあらゆるものを1つのネットスーパーで済ませたい・携帯電話から注文したい・近くのお店から発送してほしい→イトーヨーカドーがオススメ!

★首都圏に住んでいる・在庫切れが心配・新鮮な食材がほしい・留置してほしい・支払いは口座振替がいい・夜遅くじゃないと家に居ない→サミットネットスーパーがオススメ!

★新鮮な食材がほしい・安全安心な食材がほしい・こだわりの食材を使ったお弁当や惣菜が食べたい・携帯電話から注文したい→おいしっくすがオススメ!

★特売品を確実にゲットしたい・週末に大人数用のオードブルが必要・配送料をお得にしたい→ダイエーがオススメ!

★夕方になっちゃったけど即日配達してほしい・何が特売品なのか一目でわかるサイトがいい・鮮度の良いものを届けてほしい→西友がオススメ!

★楽天会員で楽天のポイントをためたい・安心安全環境を考えた商品がほしい→東急ストアがオススメ!

★ライフスタイルに沿ったものがほしい・安全な食材がほしい・寝具や家具もほしい・家庭のことを考えた商品がほしい→生協パルシステムがオススメ!