インターネットで買い物できるネットスーパーの比較

ネットスーパーの活用術とは?

活用術とは?

□ ネットスーパー利用開始の動機

東京都心にお住いの丸山さんは、長男が生まれたのを機にネットスーパーを利用されたようです。それ以前は、「近所に大型スーパーがなく、食材が割高。坂が多いため、子供連れでの買い物が大変」といった理由ではじめられました。

□ ネットスーパーの利用状況

現在はネットスーパーを月3回程度利用されているそうです。肉や魚、野菜などの生鮮食品、冷凍食品、牛乳、水、調味料、トイレットペーパーなどの日用品など幅広く購入されており、「店舗と同じ価格で購入でき、鮮度も問題ない」とのこと。

□ 丸山さんのネットスーパー活用術

【活用術①まとめて買う】= ママさんぽでもご紹介していますが、多くのネットスーパーは数百円程度の送料がかかりますが、一定額以上購入すれば無料となります。このため、丸山さんは「週1回」など利用頻度を決め、必要なものをリストアップしてまとめて買うののがおすすめなのだそうです。「肉や魚などは冷凍しておけばいい」とのお話。

【活用術②購入額の上限を決める】= ネットスーパーはご自宅で注文できるので、冷蔵庫の内容や日用品のストック状況を確認しながら買い物ができます。また店舗だとセール品など「安いから買っておこう」と予定外の物まで購入してしまいがちですが、ネットスーパーでは衝動買いも減るそうです。ただ、ネットスーパーでも目移りしてしまい、必要以上に買ってしまう懸念はある。そのため、1回の購入金額を「5,000円まで」などと決めておき、超過しそうな際は優先順位の低い物から買うのをやめられるそうです。

【活用術③実際の店舗との使い分け】= スーパーでは閉店前など一定時間に、ある商品を大幅値下げする「タイムサービス」などの値引きがあります。これは店頭ならではのお得なサービス。また鮮度や品質を確認したい商品もあると思いますが、丸山さんは生鮮食品など自分の目で直接確かめたいこだわりの商品は店舗で、それ以外のものはネットで買うなど上手に使い分けては」とアドバイスしている。

店選びで損をしないために、各スーパー毎の取扱い商品数や、利用料金、配送料金などをチェックしておくことをおススメします。自分の意向に合った店選びをして、それぞれのサービスを上手に利用できれば、何も知らずにネットスーパーを利用する何倍もお得にショッピングを楽しめます。

広告

活用のまとめ

□ ルールを作る

初めてネットスーパーを使う方は、「ポイントや配送料については知ってるけど、具体的にどうしたらいいのかわからない」という戸惑いは少なくないかもしれません。ここではネットスーパーのシステム以前に、私達消費者の心構えというものを紹介していきます。 まず、基本的な利用方法として「週1,2回のまとめ買い」がお得です。一定額を超えた注文で送料無料もしくは送料割引をしてくれるスーパーがほとんどです。注文するときのコツは、自分のルールを決めることです。例えば「1週間で必ず使う食材は毎回注文。ティッシュペーパーや洗剤などの日用品は特売日に一気に注文する」といった具合です。

このように1つでもルールを決めておくと、パソコンや携帯電話を握り締めたまま迷う時間が少なくなります。実店舗に行く時間がなくなった分、買い物も早く済ませて時間を有効活用したいところですね。 ネットスーパーに慣れてきたら、今度はお得情報を集めましょう。実店舗のチラシに掲載される商品は、ネットでも同じ価格に値下げされることが多いです。また、メールでセール情報が配信されたり、タイムセールを行うところもありますので、ネットスーパーのメールは必ずチェックしておいた方がいいかもしれません。